母体救命ベーシックコース(2018年10月21日開催分) 受講者決定のお知らせ及び受講手続きのご案内

拝啓 時下、ますますご健勝のことと拝察申し上げます。

この度は、平成30年10月21日に開催する日本母体救命システム普及協議会公認「母体救命ベーシックコース」(主催 茨城県産婦人科医会・茨城県医師会)にお申込み頂き、誠にありがとうございます。
下記に記載されている「参加受講者番号※」のかたにつきましては表記講習会にご受講いただくことが決定いたしましたので、通知申し上げます。


 

今回の研修会(2018/10/21開催)を受講できる「参加受講者番号」は以下のとおりです。

※参加受講者番号とは、申し込み後、当会より送信されるメールに記載されている「受付番号」を指します。申込の際に当会から送信される受付控えのメールにてご確認ください。

以下に記載されている番号の方は、本ページの案内に沿って受講手続きをお願いいたします。

区分 参加受講者番号(受付番号)
茨-B-22
ベーシックコース
(13:00-17:10)
1、2、3、4、6、7、8、9、11、12、13、14、17、19、20、21、22、25、28、29、30、31、32、35
見学
(13:00-17:10)
5、10

 

受講手続きならびに事前研修のご案内

プログラム

受付は13:30からです
午後コース    母体救命ベーシックコース:14:00~18:10


<お手続き>

以下の手続き①及び②を期限内に行っていただけますようお願いいたします。

手続き① 受講費をお振込みください 

※見学者については受講費納入は必要ありません。手続き②へ進んでください。

ベーシックコース会費(医師・助産師13,000円 初期研修医、看護師、救命士10,000円、県外15,000円)を平成30年9月10日(月)までにご送金ください。

・期日までに入金が確認できない場合、必ず事務局へご連絡をお願いします。
・お振込みは、下記銀行口座へお願いします。

●振込口座   常陽銀行 吉田支店(普通)口座番号 1555325
●口座名義   茨城県産婦人科医会 会長 青木雅弘

※振込依頼人名は受講者名でお願いします。
※申込者名と振込者名に相違がある場合には事務局(TEL 029-241-1130)までご連絡ください。
※受講者の都合で受講できなくなった場合でも受講費の返却はいたしません。

 

手続き② 登録票をダウンロードし必要事項をご記入の上、事務局へご返送ください

当サイトから登録票をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、月10日(月)までに、メールoffice@ibaog.jp又はFAX 029-291-8366にてご返送ください。

登録票はこちらからダウンロードできます。(PDFファイルが開きます)

※登録票がダウンロードできない場合には事務局(TEL 029-241-1130)までご連絡ください。

 

●受講取消、受講キャンセルについて

本講習会の受講をキャンセルされる場合は、早めに事務局(TEL 029-241-1130)までお申し出ください。
代理人が受講される際は、その旨を必ず事務局(TEL 029-241-1130)までご連絡ください。


●事前研修についてのお願い

次の書籍をお求めの上、事前研修をお願いします。

当日は、その知識があるものとして講習を進めます。
予めご熟読ください。ご購入は各自で、直接出版社もしくは最寄りの書店等でお求めください。

産婦人科必修 母体急変時の初期対応―チームワークと連携強化でいのちをまもる
京都産婦人科救急診療研究会 編著
出版社:メディカ出版
※出来れば、第2版を購入お願いいたします。

●その他、各種ご案内

*講習会会場

県西部メディカルセンター
〒308-0813 茨城県筑西市大塚555番地(H30年10月開院)
*当日は体を動かすのでなるべく身軽な格好でお越しください。
*持ち物:筆記用具
*参考図書「日本の妊産婦を救うために2015」

●本件に関する問合せ先

茨城県産婦人科医会事務局 (office@ibaog.jp

TEL 029-241-1130   FAX 029-291-8366